パワハラ対策ナビ|パワハラで悩んでいる方に知ってほしいこと
パワハラ 対策

パワハラ事情

人間関係のストレス

生きていれば悩みはつきませんが、特に「人間関係」はその筆頭にあげられるのではないでしょうか?
身近な家族はもちろん、友人や知人、恋人、先生と生徒、上司と部下、同僚、趣味を通じたサークル仲間など社会生活を営む以上、私たちは常に誰かと関わっていかなければなりません。
もちろん楽しいことや嬉しいことは沢山ありますが、時として辛く厳しい状況に置かれることも多々あります。中でも、一日の大半を過ごす「職場」での人間関係に「ストレス」を感じている方は多いのではないでしょうか?

では、職場での人間関係のストレスには、具体的にどういったものがあるのでしょうか?

セクハラ、パワハラ、職場ハラスメントの背景

職場での人間関係の問題は、なにも今に始まったことではありません。
その代表的なものに、皆さんが耳にしたことのある「セクハラ」がありますが、近年ではさらに「パワハラ」や「モラハラ」という言葉をよく耳にするようになりました。それぞれ悪化した対人関係を意味するもので、比較的新しく、その定義や使い方もまちまちです。
セクハラは「異性に対する・性的なもの」、パワハラは「主に上司から部下に対する・職権乱用によるもの」、モラハラは「継続する・精神的暴力」と分けられますが、パワハラとモラハラは重なる部分も多く厳密には区別が難しいとされています。
これら問題の背景には、職場環境が大きく関係してきます。近年、雇用環境や就労スタイルの変化により、格差問題も生じるなど人間関係のストレスは増加しています。特にパワハラが原因とされる精神的疾患や自殺など、その問題は深刻化しており、無視できない状況にあるのです。

法的整備もなされ既に浸透しているセクハラに対し、パワハラやモラハラはまだ法律上明確な定義はなく線引きが難しい問題とされています。
中でもパワハラは、話題にあがる機会は確実に増えているものの、その詳細や対処法に関する情報不足は否めません。
本サイトでは、このパワハラにスポットをあて、その対策を中心に考えていきたいと思います。


このページの先頭に戻る
パワハラ対策ナビ
パワハラとは?その実態
パワハラの種類と見分け方
パワハラの傾向と対策
パワハラ対策・被害にあったら
パワハラ対策・企業の義務